認知症の親が作成した遺言書の効力

認知症の親が遺言書を残した場合、その遺言書が有効か無効なのかは、多くの状況から判断されます。
つまり法律的には認知症であっても一概に遺言を残すための判断能力が無いとは考えないのです。

例えば、遺言作成時に遺言を残すのには問題のない能力が備わっていたことが分かれば、その遺言書が有効になる可能性は高いです。
有効にするためには、遺言作成時に医師から判断能力に関する診断書を作っておくことがとても大切です。
他にも介護記録やカルテなどがあれば、遺言作成時の能力を証明する資料となりますので、遺言書と一緒にこれらの資料も大切に保管しておきましょう。

認知症の症状は軽度から重度まで幅広く、それぞれまた違った症状となるため、一概に「認知症だったから遺言書は無効」とは判断されません。
認知症の進行はわかりにくいことも多いため、もし遺言書を残そうと思ったら一緒に医師の診断を受けておくと、後々のトラブルを防げますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る