相続放棄の期限を過ぎたら放棄はできない?

相続放棄には3ヶ月の期限がありますが、その期限を過ぎた後に借金が発覚した場合、相続放棄はできるでしょうか?

相続発生後3ヶ月の期限が過ぎたら、基本的には相続財産を相続しなければなりませんが、期限を過ぎた後にマイナスの財産が発覚したら相続の専門家に相談すると良いでしょう。

3ヶ月が過ぎてしまった後でも相当な理由があれば、家庭裁判所への書類の提出などきちんと手続きを行えば相続放棄はできる場合もあると言われていますよ。

相続放棄の期限は延長する事ができますので、故人に借金がある可能性があるなら期限を延長して調査するのがオススメです。

期限が過ぎた後の相続放棄を認めてもらえないケースも多いですから、期限についてはよく確認しておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る