相続放棄のリスク

被相続人に借金などの負の相続がある場合、相続放棄という選択により相続を放棄することができます。
相続放棄が認められると相続人ではないため、被相続人の負債を背負う必要もありませんし、自分以外の相続人に財産を全て相続させることも可能です。
一見メリットの方が大きいように思える相続放棄ですが、判断を間違えてしまうととても大きなリスクがあるので注意しましょう。

まずいちばん大きなリスクとして、自分が相続を放棄したことにより、父母や兄弟姉妹、さらに甥や姪にまで影響が及ぶ点です。
例えば借金のある被相続人に妻と子供がいた場合、妻・子供が相続を放棄したとしてもそこで借金が消えるわけでは有りません。次に相続人になるのは被相続人の父母になるため、借金の返済義務も父母に移ります。そこから父母が相続放棄すれば兄弟姉妹に移り、同じように相続放棄すれば甥、姪が相続人となります。
甥、姪が相続を放棄してやっと皆が借金返済の義務を負わなくて済むことになるのです。
相続放棄の起算日は自分が相続人であると知ってから3ヶ月以内となります。そのため「気づいたら相続放棄ができなくなっていた」ということは滅多に起こりませんが、期限としては決して長くないことを覚えておきましょう。

また相続放棄は一度認められたら撤回することができません。
相続放棄が認められた後に負の財産を帳消しにしてもお釣りがくるくらいの膨大な財産が見つかった場合でも、それを相続することはできません。

もし財産放棄をするのなら、他の親族にもそのことをきちんと話す、そして財産放棄する前に財産の調査を入念に行うなど、安易に財産放棄をしないように気をつけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る