相続放棄した方が良いケースとは?

故人が借金などのマイナスの財産を多く抱えていた場合、相続放棄という選択肢がありますが、他にも相続放棄した方が良い場合もありますのでご紹介いたします。

相続では、全財産を相続する単純承認と、債務を資産の範囲で返済する限定承認と全財産を相続しない相続放棄という3つの方法がありますよ。

故人が連帯保証人になっていた場合、その連帯保証人という権利も相続人が相続する事になるので、相手からお金を請求される可能性も考えられるのです。

債務だけでなく、連帯保証人の立場も相続対象になっているので、故人に債務がなかったとしても注意が必要ですよ。

債務をどのくらい抱えているのか、きちんと調べてから相続するか放棄するか考えましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る