相続手続きは期限に注意して進めよう

家族が亡くなって法要が完了したあとは、一息つく間も無く遺産相続の手続きを行う必要があります。
ただそう言われてもやることが多すぎて何から手をつけていいかわからないという声は多く寄せられます。手続きの中には期限があるものが多数ありますので、その期限が短い順から初めて行くのが基本的な手順となります。
今回は期限があるものについて簡単にご紹介したいと思います。

まず期限が短い年金や健康保険などの手続きを各役所へ行なってください。国民年金と健康保険は亡くなった日から14日以内、厚生年金は亡くなった日から10日以内に手続きを行う必要があります。
続いて相続放棄や限定承認をする場合は、相続開始日から3ヶ月以内の手続きが必要となります。
また被相続人が一定の所得があった場合は、相続開始日から4ヶ月以内に所得税の申告・納税を行う必要があります。既に仕事は引退していたとしても、不動産収入などがある方は対象になるので注意してください。

そして最後には相続税の申告と納税を行う必要があります。これは相続開始日から10ヶ月以内の手続きが必要です。
これらは計算が非常に難しいので、自分たちだけでやろうとすると何度も申請し直す必要がでてきたりして時間がかかってしまいます。他の手続きも多くあるため、相続税の計算に時間をかけていられない場合は税理士に相談するのがお勧めです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る