相続はどんな仕組み?

相続の基本的な事について理解しておき、相続対策をしましょう。

法定相続人は民放によって認められる親族の事であり、財産分与だけでなく相続税を計算する時にも関係しているのです。

故人に配偶者がいる場合、必ずその配偶者が法定相続人になり、他には故人のお子さんや両親、兄弟姉妹という順番で相続権が移るのです。

もしお子さんがいなかった場合には、配偶者と両親が法定相続人になりますが、両親がすでに亡くなっている場合には、配偶者と兄弟姉妹が法定相続人になるという事なのです。

遺産相続を行う事によって相続税がかかってしまいますが、遺産に一括で加算される訳ではなく、遺産の総額から基礎控除額を差し引いて、法定相続分に分けて計算する事になりますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る