特定の1人にのみ相続させたいというのは可能かどうか。

子供が2人いて、そのうちの1人は仲が悪いから仲の良い1人にのみ遺産を全て相続させたい・・・など、遺産全てを特定の1人にのみ相続させたいというケースは珍しくありません。
遺産1人に全てを相続させたいという遺言自体は有効ですが、これは他の相続がなかった相続人に不公平になるため、相続人が遺留分侵害額請求を受ける可能性もあるのです。
相続を受けた1人がこうした遺留分侵害請求や遺言書の無効で争う可能性が高くなるため、1人に相続させたいという場合は慎重に考える必要があります。

どうしても1人に相続をさせたいという場合、ある程度の対策をしてあげておくのがベストです。
例えば遺留分侵害請求を受けた場合に問題なく対処できるよう、現金を多めに残しておいてあげるのも一つの対策です。また遺言書の無効を主張されることも考えられます。そのため無効の主張が通りにくい公正証書遺言で作成するのが対策となるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る