養子縁組で相続対策、落とし穴に注意しよう

親しい人や親族に確実に相続させたいなら、養子縁組という相続対策がオススメですが、落とし穴がありますので気をつけましょう。

養子縁組を行うことにより、相続税の基礎控除額を増やしたり、みなし相続財産の非課税枠を増やしたりすることもできるようになりますよ。

養子縁組では、実子と養子は同じ立場になりますので、相続順位が第1位になり、子どもが居る方は実子と養子が相続人になりますが、子どもがいない場合には相続権が変わってくるのです。

子どもが居ない場合、相続権は配偶者や両親、兄弟姉妹が有していますが、もし甥姪と養子縁組した場合には、相続順位第3位の兄弟姉妹には相続権が発生しないということです。

基礎控除額などを考えると養子縁組をしない方がお得になる場合もありますので、よく考えてから相続しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る