税理士選びは慎重に!申告間違いに気をつけよう

相続税の申告ではミスが発生しやすいと言われていますが、なぜ専門的な税理士であっても間違えることがあるのでしょうか。

税理士一人当たり年間で1件の相続業務を行うとされていますが、税理士の主な業務として企業の顧問や確定申告業務に携わっていることが多いので、相続業務に不慣れということが原因なのです。

相続税申告だけでなく、税理士が不動産評価に不慣れな場合には、算出の時にミスをすることもあるのだそうです。

税理士は税務のプロではありますが、専門外のことについては間違えることも考えられますので、相続問題に強い税理士へ依頼することが大切なのです。

相続が発生した場合に、どの税理士に依頼してほしいという旨を遺言書などに書いておくのも良いかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る