相続放棄のよくある勘違い

相続放棄とは手続きによって初めから相続人ではなかったことにしてもらうことを意味します。手続き自体はそれほど難しくなく、家庭裁判所にいき書き方を教えてもらい、貼付書面をおしえてもらって手続きをおこなうことによって、すぐにおこなうこともでき、自分でやってもらう方もいらっしゃいます。

相続人として配偶者と子がいた場合に配偶者のみに相続させた場合に子が相続放棄を相談してきました。

しかしその場合、子が相続人ではなかったことにしてもらいますので、そういった場合、優先順位が繰り上がりますので、次の優先順位のご兄弟に相続権が移りますので、注意が必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る