相続放棄と遺産分割の違いとは?

相続放棄は、借金などのマイナスの財産を放棄するために必要な手続きですが、勘違いされやすい部分もありますのでご紹介いたします。

相続では、家庭裁判所で放棄の手続きをした場合には、相続人の順位が繰り上がって他の相続人から印鑑が無ければ手続きができないというケースが発生する場合がありますよ。

スムーズに遺産の相続をしたいなら、遺産分割のための協議を行って、全財産の相続や名義の変更を行うと良いでしょう。

遺産分割協議に参加して、印鑑を押して何も貰わなかったというケースは相続放棄とは言わないので、プラスの財産を貰わなかったとしても、後から大きなマイナスの財産が発生する場合がありますよ。

家庭裁判所で行う遺産放棄の手続きでは、債務も相続しないということですから、マイナスの財産を引き継ぐこともありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る