相続の対策について

贈与税の基礎控除額110万円/年を利用して相続の財産を減らすということが対策としてあります。これによって多くの人に渡すことによって相続額が減ることによって相続税もなくなるということは対策としておこなわれているようです。

教育資金という名目で信託銀行を使って贈与するといった形を取らなくても子供が大学に入った際におじいちゃんが入学金をだしたから贈与税がかかるというようなことはありません。

孫の教育資金を祖父母が出しても税金がかかることは有りませんので、その都度であげていけば全然問題がないといわれています。民法の規定では親族はお互いに助け合っていきていかなくてはならないとありますので、底に税金をかけるのはおかしな話であるということです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2017年11月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る