債務付き財産の相続、その注意点とは?

もし相続する財産に債務があったけど、単純承認で全財産を相続しようと考えているなら、その資産から債務を返済している人が多いのだそうです。

もし相続人が複数いる場合には、財産だけでなく債務も法定相続分から計算して、それぞれが負担すると決めた方が遺産分割協議で揉める事もないでしょう。

例えば、相続した車などにローンが残っていた場合にも、車を相続する人だけでなく、他の相続人もそれぞれが負担しなければならないのだそうです。

相続人一人だけに負担がかかってしまうと、その債務を返済するのが難しくなるため、債務者保護の考えから債務を分散させるという事です。

不動産の相続で、住宅ローンの場合には半強制的に団体信用生命保険に加入している事が考えられますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る