マイナンバーで相続が変わる?

現代では、相続などでもマイナンバーが関係してくることがあるそうなので、相続を考えているなら覚えておくと良いでしょう。

マイナンバー制度により、行政などの手続きを簡素化して負担を減らすことができるようになりましたが、相続税の申告書にもマイナンバーを記載する必要があり、今後は金融機関でもマイナンバーの提出が求められることも増えてくるそうです。

今までは、現金による贈与で贈与税が未申告でもバレることはありませんでしたが、マイナンバーで口座の動きが分かるようになれば申告漏れを指摘されることも考えられるそうです。

税務署により、お金の不審な動きを税務調査されれば、今後は未申告による相続税や重加算税などが加算されることもあるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る